相続トラブルになりやすいケースとその対処法

 

相続と聞いて、多くの人が抱くイメージは「争族」トラブルでしょう。親族が遺産を巡って骨肉の争いを繰り広げるのは本当に悲しいものです。そのようなトラブルに巻き込まれないようにするためには、どのような対処法があるのでしょうか?高槻市で相続問題をサポートする丹羽事務所が解説致します。

相続トラブルになりやすいケース

相続トラブルになりやすいケース

相続について多くの人が抱いているイメージは、遺産を巡ってトラブルが起こるというものでしょう。相続トラブルは富裕層だけの問題ではなく、一般的な家庭にこそ起こりうるものです。例えば、以下のような場合にトラブルになりやすいと言われています。

  • 遺言書がない場合
  • 子供がいないご夫婦の一方に相続が生じた場合
  • 相続人のうち一人が、亡くなった方の介護や世話をしていた場合
  • 故人が離婚して、再婚している場合
  • 現金などの遺産がほとんどなく、不動産のみの場合

以上のようなケースでは、相続人同士で揉めやすいと言われています。特に、遺産が自宅不動産のみの場合には、相続人間でのトラブルになりやすい傾向があります。現金などであれば分割するのは難しいことではありませんが、不動産の場合、法定相続分に従って物理的に分割することは困難ですので、誰が取得するのか、また金銭での清算やその額を決める段階で、トラブルが起きやすいのです。

相続を争族にしないための対処法

相続を争族にしないための対処法

相続が契機となり、残された身内同士が財産を巡って争うような事態は、くれぐれも避けたいと考えるのが当然です。相続で揉めないようにするためには、様々な対処法がありますが、やはり遺言書をきちんと作成しておくというのがよいでしょう。その遺言書でどのように財産を分けるのかを決めておくのが、相続においてトラブルに発展させないためには有効です。

個人でも遺言書の作成は可能ですが、自筆での遺言書には多くの要件があり、せっかく作成しても無効になってしまう可能性もあります。また、争いのない遺言書を作成しようとする場合には、やはり専門家の協力が必要です。遺言書の作成には、司法書士・行政書士などの専門家に相談し、公正証書遺言を作成するのがおすすめです。

高槻市・茨木市で遺言書の作成・遺言書に関する相談なら、丹羽事務所にご相談ください。

相続においては、財産の分け方を巡って「争族」トラブルが起きやすいと言われています。そのようなトラブルを起こさないためには、きちんと生前に遺言書を作成しておくことが重要となります。効力を持つ遺言書の作成には、専門家の協力が必要です。高槻市・茨木市で遺言書の作成に関するご相談なら、丹羽事務所にお任せください。大切な家族をトラブルに巻き込まないための公正証書遺言の書き方、遺言執行など、幅広いご相談を承ります。

高槻市・茨木市で遺言のことなら丹羽事務所へご相談を

事務所 司法書士 行政書士 丹羽事務所
住所 〒569-0077 大阪府高槻市野見町4−8 丹羽ビル1階
電話番号 0726-676-5007(代)
営業時間
月~金AM9:00~PM6:00
(土日祝はご予約のみ)
ホームページURL http://niwajimusyo.com