遺言書の種類とは?それぞれの効力はどう違う?

 

遺言書は、相続トラブルを防ぐために有効な手段として知られていますが、形式によっていくつかの種類に分けられます。また、それぞれの遺言書が持つ効力や、作成方法も異なります。遺言書の主な種類とその効力について解説致します。

遺言書の種類とそれぞれの効力について

遺言書の種類とそれぞれの効力について

相続トラブルを防ぐために、遺言書の作成を行う人が増えています。その遺言書にはいくつかの種類があることをご存知でしょうか?

一般的によく知られている遺言書には、3種類の形式があります。自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つです。では、それぞれの効力について見ていきましょう。

自筆証書遺言

費用がかからず簡単に作成できる遺言書として知られているのが、自筆証書遺言です。これは名前からも想像できるように、自筆で書かれた遺言書です。簡単に作成することができる反面、専門家がチェックしているわけではないので、法律の要件を欠く場合には法的に無効となってしまう可能性があります。また、遺言書としては有効でも、記載内容の不明確さから、不動産の名義書換えに使えなかったり、預貯金口座の解約に使えなかったりする場合もあります。そうなると、結局すべての法定相続人の協力がなければ手続きできなくなり、遺言を作成した意味が無くなってしまう可能性もあります。

公正証書遺言

公正証書遺言は、公証人の面前で作成し、それを公証役場で保管してもらうため、紛失してしまったり、法的に無効になる可能性が低いので安心です。費用はかかりますが、公証人にチェックしてもらうことができるので、適法な遺言書を作成することが可能です。確実に遺言書を残したい場合には、公正証書遺言を作成するのがおすすめです。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は自分で作成し、公証役場で確認手続きを行います。遺言内容を誰にも知られないようにしたい場合に使いますが、こちらも専門家が確認するわけではないので、必ずしも法的な効力があるとも、相続手続きで利用できるとも限りません。

以上から、安全性、確実性の面からすると、遺言書を作成するには、公正証書遺言で作成するのがよいでしょう。また、内容を充実させ、争いのない遺言書を作成する場合には、専門家に依頼して作成することをおすすめします。高槻市・茨木市で遺言書の作成を考えている方は、丹羽事務所にご相談ください。司法書士・行政書士の有資格者が遺言書に関するサポートをさせていただきます。

遺言書には主に3つの種類があります。その中でも確実に法的な効力を持った遺言書を作成したい場合は、公正証書遺言を作成するのがよいでしょう。作成は専門家に依頼するのがおすすめです。高槻市・茨木市にお住まいの方は、丹羽事務所にご相談ください。事務所は阪急高槻市駅・JR高槻駅から徒歩10分の場所にあり、茨木市や島本町からもアクセスしやすい立地です。あらかじめお電話でご予約のうえ、事務所にお越しください。

茨木市で遺言に関するお困りごとは丹羽事務所へ

事務所 司法書士 行政書士 丹羽事務所
住所 〒569-0077 大阪府高槻市野見町4−8 丹羽ビル1階
電話番号 0726-676-5007(代)
営業時間
月~金AM9:00~PM6:00
(土日祝はご予約のみ)
ホームページURL http://niwajimusyo.com