茨木市で遺言・相続に関する悩みを抱えている方は【丹羽事務所】へ(遺産をスムーズに相続できるようにサポート)~効力が有効な遺言書とは何か?~

茨木市で遺言・相続に関してお困りの方はお越しを~遺産の相続が上手くいくようにサポート致します~

茨木市で遺言・相続に関してお困りの方はお越しを~遺産の相続が上手くいくようにサポート致します~

茨木市遺言相続にお困りの方は、【丹羽事務所】にお任せください。遺産をめぐって親族同士で争いに発展することは珍しくありません。遺言は相続をめぐる争いを防止する上で大切な書類であり、遺言者の最後の意思を伝える役割もあります。

相続人の皆様がスムーズに相続を済ませられるように、全力で対応させていただきますので細かな点も踏まえて何でもご相談ください。

効力が有効な遺言書とは何か?

相続人達が争いをせずに無事に相続を終えるためには、有効な遺言書を作成することが大切です。民法第960条では「遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない。」と定められています。そして、法的な効力を持つ内容(事項)のことを遺言事項と呼び、民法やその他の法律で決められています。遺言の作成は、民法を守った上で作成しないと遺言書として無効となってしまいます。

財産・身分関係・遺言執行に関するものが遺言事項として挙げられ、これらの事項は法的な効力があるので、要望に合わせて書き記しておくことが重要です。遺言書は基本的にどのような内容を書いても構わないため、遺言事項だけでなく、「家族仲良く過ごしてほしい」などご自分の想い(付言事項)を書いても法的に無効となるわけではありません。しかし、遺言の記載の仕方によっては、遺言としては有効であっても、後の手続きの書類としては記載が不明瞭で使えないという事態も生じかねません。遺言書は人生で何度も書き残すものではないため、法的に有効な遺言書を作成することは「難しい」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような方に適した遺言書は公正証書遺言です。法律のプロである司法書士・行政書士と、遺言書作成のプロである公証人が共同で作成するため、不備が生じる心配がなく、安心してご自分の要望通りのものを用意できます。

茨木市で遺言・相続の悩みを相談するなら【丹羽事務所】へ

茨木市で遺言・相続の悩みを相談するなら【丹羽事務所】へ

茨木市で遺言・相続の悩みを相談したい方のご連絡を、【丹羽事務所】は随時お待ちしております。

遺言の作成支援から遺言執行を含め、幅広くサポートできますので、詳しくお話をお聞かせください。事務所は高槻市にありますので、茨木市や島本町に在住の方も気軽にお越しいただけます。

お役立ちコラム

茨木市で遺言にお困りの方はお気軽に【丹羽事務所】まで

事務所 司法書士 行政書士 丹羽事務所
住所 〒569-0077 大阪府 高槻市野見町4番8号 丹羽ビル1階
電話番号 0726-676-5007(代)
ホームページURL http://niwajimusyo.com