遺言書を見つけたらどうする?遺言書の検認って何?

 

相続において多くの人が感じる疑問として、遺言書を見つけた場合にどうすればよいのか?という疑問が挙げられます。どこに届け出をすればよいのでしょうか?そのまま放置してもよいのでしょうか?また、遺言書の検認という言葉を聞いたことがある方もいるでしょうが、この検認とはどのようなものなのでしょうか?

遺言書を発見したらその後どうするか?

遺言書を発見したらその後どうするか?

相続に関して、多くの人が疑問に感じていることは、遺言書を発見した場合にはどうすればよいのか?ということです。

まず、自筆の遺言書を発見した場合にやってはいけないのは、一部の相続人だけで勝手に開封するということです。遺言書を発見した場合には、裁判所の検認を受ける必要がありますので、勝手に開封しないようにしましょう。

遺言書の中身が気になるからといって勝手に開封してしまうと、他の相続人とのトラブルに発展してしまう可能性もあります。もちろん、その遺言書を隠してしまうことや、捨ててしまうなどということは絶対に行わないようにしましょう。

公証役場で作成した遺言公正証書がある場合には、検認手続きは必要ありません。また、公証役場で遺言を作成している場合には、公証役場でその写しを再発行してもらって内容を確認することができます。

遺言書に関することで、自分では分からない、どうすればよいのか困っているという方も多いと思います。高槻市・茨木市で遺言書に関するご相談なら、丹羽事務所にお任せください。

遺言書の検認とは?

遺言書の検認とは?

遺言書の検認という言葉を聞いたことがあるでしょうか?遺言書の検認とは、相続人に対し遺言の存在やその内容を知らせるとともに、遺言書の形状・加除訂正の状態・日付・署名など遺言書の内容を明確にして、遺言書の偽造・変造を防止するための手続きです。よく勘違いされますが、遺言の有効・無効を判断する手続きではありません。

自筆の遺言書などが自宅で発見された場合には、家庭裁判所による確認手続きを受ける必要があります。この検認を受けずに勝手に遺言書を開封したり、届け出ないなどの場合には罰金が科せられてしまうおそれがありますので、注意しましょう。

この家庭裁判所における検認を受けないと、遺言書に基づく相続手続きを進めることもできません。必ず検認を受けるようにしましょう。必要書類の収集や、家庭裁判所への申立て方法が分からない場合、また、手続きが面倒だという場合には、丹羽事務所にご相談ください。

自筆の遺言書などを自宅で発見した場合は、勝手に開封してはいけません。家庭裁判所による検認を受ける必要があります。これを受けずに勝手に開封すると罰金を科せられることになりますので、注意が必要です。高槻市や茨木市で遺言書に関わるご相談は、高槻市野見町にある丹羽事務所にお任せください。豊富な経験と実績を活かして、遺言書の作成や公正証書遺言の書き方、遺言執行などの様々な疑問にお答えします。

高槻市・茨木市で遺言のことなら丹羽事務所へご相談を

事務所 司法書士 行政書士 丹羽事務所
住所 〒569-0077 大阪府高槻市野見町4−8 丹羽ビル1階
電話番号 0726-676-5007(代)
営業時間
月~金AM9:00~PM6:00
(土日祝はご予約のみ)
ホームページURL http://niwajimusyo.com